離乳食

コンビのフィーディングスプーンが最高に使いやすい!口コミと使用しての感想!

みなさん離乳食のスプーンはなにを使用していますか?私は何種類か使用してみて、今はコンビのフィーディングスプーンを使用しております。このスプーンがとても食べさせやすい!なので今回は、コンビのフィーディングスプーンの口コミと、使用の感想をご紹介します。

コンビ フィーディングスプーンの紹介

フィーディングスプーンとは?

フィーディングスプーンって私は子育てをして初めて聞きました。

まず、フィーディングとは、給食、給餌、餌付けという意味です。

なのでフィーディングスプーンとは、赤ちゃんにご飯を与える時に、ママが使用するスプーンのことです。



ンビ teteo(テテオ) フィーディングスプーンってどんな商品?

コンビのフィーディングスプーンは、テテオブランドの製品です。

teteo(テテオ)は、お口の成長、口腔発育を真剣に考えた「お口から、育つ力を応援する」がコンセプトのコンビの新しいブランドです。テテオは、哺乳瓶、乳首、おしゃぶり、マグ、歯ブラシなどの、お口に関連した商品がラインナップされています。

飲む力。食べる力。笑う力。話す力。考える力。小さなお口は、成長の入り口であり、心の成長の入り口でもあります。”と公式サイトで謳われておりました。個人的には、この言葉すごくしっくりきて、いいフレーズだなと感じました。

コンビのフィーディングスプーンの特徴は、スムーズごっくんサポートシステムです。スプーンから始まり、スムーズなコップ飲み・ストロー飲みへ移行するという、食べる・飲む”という新しいトレーニング方法になっているのです。

赤ちゃんは、身体の発達ともに「おくちの使い方」がおっぱい飲みのおくち、コップ飲みのおくち、ストロー飲みのおくちへと学んでいきます。その「おくちの使い方」は、手と口の協調運動、口腔発育、全身発育、情緒形成の基盤となるとても重要な役割を果たしているということです。

コンビのフィーディスプーンには発達の段階に合わせて3種類のスプーンがあります。5か月頃から使えるstep1のはじめのゴックンスプーン、7か月頃から使えるstep2のもっと食べようモグモグスプーン、9か月頃から使えるstep3のたくさん飲もうコップスプーンです。

それぞれ、月齢に合わせたサイズや形状、素材となっていて、コップ飲みのおくちと、ストロー飲みのおくちを練習できるようになっていますよ。



コンビ フィーディングスプーンの口コミを紹介

コンビの公式オンラインショップの口コミは4.6と高評価でした。口コミをいくつか紹介しますね。

「離乳食開始用に購入しました。とても使いやすいです。持ち運び用のケースもついているので、お出かけの時は助かります。もっといろんなカラーがあればいいのに・・・。」投稿者:下関さん

「離乳食を始めるために購入しました。歯医者の先生におススメしてもらった離乳食用のスプーン。子どもも食べやすいようで、気に入っています。」投稿者:むすこちゃんママ さん

「離乳食初期に使っていました。しかし、初期はすぐ終わるし、外出先で食事を与えるよりは授乳したり、離乳食をとばしたりするのでケースはいらなかったかな。」投稿者:あかみの さん

毎日使っています。素材が固すぎず、安心して口の中に入れられます。大きさもちょうど良く、とても食べさせやすいです。」投稿者:まこちゃん さん

「離乳食初期に最初のスプーンを使用しましたが、舌での押し戻しを回避する為にスプーンが分厚くなっており、乳児の小さい口にご飯を入れるには苦労しました。毎回口を大きく開けてくれる訳ではないので、半開きの口にスプーンを入れるといっぱいになってしまい、ご飯がスプーンと口から溢れてなかなか難しかったです。また、人参などをあげるとスプーンに着色して汚れがなかなか落ちません。子供用ではなく普通の食器用洗剤で漬け置きしてもダメでした。」投稿者:天茶 さん

使いやすいと感じる人の方が多いようですが、使いにくいと感じる人も一部いるようですね。


コンビ フィーディングスプーン食洗器は?消毒方法も!

赤ちゃんの使うものなので、清潔に保ちたいですよね。コンビのフィーディングスプーンは、食洗器の使用OKです。

消毒や除菌に関しても、煮沸、薬液、電子レンジでの消毒が可能になっています。

実際には、離乳食を食べ始める5か月以降であれば、毎回消毒をしないという方も多いと思いますが、消毒が可能であるものの方が安心ですね。



コンビ フィーディングスプーンを使用してみました!

コンビ フィーディングスプーンの前にリッチェルの離乳食スプーンを使用した話

我が家は、はじめからコンビのフィーディングスプーンを使用していた訳ではありませんでした。

はじめに買ったのは、リッチェルのトライはじめての離乳食カップ(フタ・スプーン付き)でした。そのカップとスプーンで、離乳食を開始するつもりでした。

しかし、いざ離乳食について勉強すると、離乳食はスプーン1杯からスタートで、しばらくはスプーン数杯というとても少ない量。リッチェル トライはじめての離乳食カップではカップが大きすぎる。ということで、買いなおすことに。(←はじめに勉強してから買いに行けよ!)

そして買いなおしたのは、リッチェル トライND離乳食スタートセット。これは、はじめての離乳食カップより小さめのカップが3つと、目盛りつきカップ、プレート、クールシート、スプーン3本が付いているもの。離乳食初期は、何種類かの食材を少しずつ食べるため、カップが3つとスプーン3本あるため便利です。離乳食がこれだけあれば始められることに惹かれてこれにしました。

いざ、リッチェル トライND離乳食スタートセットを使用すると、カップがいくつもあり、サイズも小さくてとても使いやすく、便利でした。

しかし、スプーン。はじめに買ったはじめての離乳食カップと、離乳食スタートセットにそれぞれスプーンが付いて、リッチェルの同じ形のスプーンが合計5本。そんなにいらない。

そしてこの5本。私は苦手でした。

やわらか素材ですくいやすくなっていると書いてあり、その点についてはその通りでした。しかし、離乳食初期から使用できるものの割には、すくう部分が大きくて深い。初期の正しい食べさせ方である、‟スプーンで唇にチョンと触れ、口が開いたらまっすぐにスプーンを入れ、口が閉じたら水平にスプーンを抜く”というのをしようとすると、スプーンに食べ物がかなり残ってしまうのです。このスプーンを使おうと思うと、上顎にこすりつけないと食べ物がきれいに取れない。

初めての離乳食だし、正しい食べさせ方をしたい!ということで、新しいスプーンを調達することに!そこで選んだのが、コンビ フィーディングスプーン離乳ナビNeo 専用ケース付き



コンビ フィーディングスプーンは最高に使える!すりつぶしも可能

コンビのフィーディングスプーンを選んだ基準は、スプーンの浅さです。たくさん並んでいるスプーンの中で、一番すくう部分が浅く、正しい食べさせ方ができるのではないかと思いました!

コンビのスプーン2本とリッチェルのスプーンの大きさを比較しました。

実際使ってみると、とっても食べさせやすい!今まで使っていたものに比べて、雲泥の差と感じました。横幅も大きくないので、赤ちゃんの小さいお口にも入りやすいし、浅いのでスプーンに食べ物が残りません!柔らかい素材なので、口の中にも優しい。

食べたあとにどれくらい食べ物がスプーンに残るか、以前使っていたリッチェルと比較したしてみました。

コンビフィーディングスプーン7カ月用 すくったところ
コンビフィーディングスプーン7カ月用 食べさせた後
リッチェルの離乳食スプーン すくったところ
リッチェルの離乳食スプーン 食べさせた後

上段がコンビ フィーディングスプーンで、すくったところと食べさせた後。下段がリッチェルの離乳食スプーンですくったところと食べさせた後の写真です。

始めにすくった量に差があるので、まったく同じ条件ではないですが、食べさせたあとのスプーンは残り方が全然違いますよね!

また、ベビすけは食べるのに抵抗がなかったので、割と早い段階で裏ごしをやめてつぶした状態であげていたのですが、このスプーンは裏が平らでしっかりとした厚みがあるので、カップの中でさらにすりつぶすこともでき、使い勝手がよかったです。

ただ、他の方の口コミにもあったように、スプーン部が白いので、ニンジンなどの野菜に使うと色素が残って、一度で色素沈着になってしまいました。



コンビ フィーディングスプーンも離乳食時期で使い分けできます

コンビのフィーディングスプーンは5か月~使えるものと、7カ月~使えるものがついています。ウチのベビすけは、5か月~のスプーンがピッタリで使いやすかったので、7カ月~のスプーンがあることをすっかり忘れており、7カ月半くらいから使用し始めました。

こちらの素材は、硬い素材となっています。すくう部分が少し大きくなっているのですが、食べるのが上手になってきたベビすけにはちょうどいいと感じました。こちらもすくう部分が浅い造りとなっているので、正しい食べさせ方でも食べ物がスプーンにほとんど残ることなく食べさせられました!

 

このスプーン、個人的にはとっても使いやすくて、選んで正解だったなと思います!これから、スプーン選びをする方にもぜひおすすめですよ!このフィーディングスプーンは、コップ飲みやストロー飲みの練習にもなるとのことなので、コップ飲みやストロー飲みも上手になってくれたらいいなぁと思います。